クマ 原因

クマの原因と対処方法を調べてみた

 

クマの原因って何かご存じですか?

 

「え?そんなの睡眠不足に決まってるじゃん」
と思った方は多いはず。
しかし、クマの原因ってそれだけじゃないんです。
睡眠不足以外にも、クマが慢性的にできてしまう原因が3つあります。
そして、原因によって対処方法も違ってくるから厄介なのです。
もしあなたがクマに悩んでいて、対策を講じているにも関わらずクマが消えない…ということであれば、全く見当違いなケアをしている可能性があります。

 

そこで今回は、クマの原因とそれぞれの原因別の対処方法について調べてみました。

 

クマができる3つの原因

@血行不良
血液の流れが滞ることによって起こるタイプのクマです。青グマと呼ばれることも。クマ部分を指の腹で押さえると、血液の流れが変化することによってクマの色が変化するという特徴があります。

原因には、
・皮膚が元々薄い
・ストレスなどによって血液が滞っている
・睡眠不足や生活習慣の乱れ
などがあります。

 

A色素沈着
色素が肌に留まってしまっていることで起こるクマ。クマ部分を触ったりしても色に変化がないタイプ。茶グマと呼ばれることもあります。

原因には、
・よく目を擦ったり、洗顔時にゴシゴシ洗いをしている
・肌の乾燥
・紫外線による刺激
・化粧品が合っていない
などがあります。

 

B皮膚痩せ
皮膚がたるむことで影となるタイプのクマ。上を見るとクマ(影)が目立たなくなるようなら、このタイプである可能性が高いです。黒クマと呼ばれています。

原因には、
・年齢を重ねることで皮膚が薄くなっている
・コラーゲンの量が減って皮膚がたるんでいる
などがあります。

 

原因別!対処方法

@血行不良(青グマ)

青グマを撃退するには、血液の流れを良くすることが必須条件。あと、コラーゲンを増やす対策も◎。
血行をよくするには、アイクリームなどを両手の薬指(人差し指だと力が入りすぎてしまうためです)につけ、目頭から下瞼、こめかみ、まぶた、目頭…というように優しく円を描いてみるのがオススメです。
ホットタオルやホットアイマスクなどを目の上にのせるのも効果があります。
コラーゲンを増やす対策方法としては、コラーゲン配合の商品をじかに塗るのがベストです。

 

A色素沈着(茶グマ)

色素沈着を薄くするため、美白効果のある成分が入っているスキンケア商品を使うのが良いでしょう。
ビタミンC誘導体が入っているものがオススメです。

 

B皮膚痩せ(黒クマ)

黒クマに対してはコラーゲン補給は必須です。
何故なら、皮膚痩せしてしまっているのはコラーゲンの量が少なくなってしまっているから。
それを改善しなければなりません。

 

オススメのアイクリーム

前項目で対策方法をご紹介しましたが、このどのタイプのクマにも効果を期待できるアイクリームが存在します。
「アイキララ」です。
アイキララは目元専用クリームとして販売されており、コラーゲンの生成を補助してくれるビタミンC誘導体の一種や、血行不良を改善する効果があるとされるKコンプレックス。そして、色素沈着を薄くする効果があるとされるハロキシルが配合された、いわば「クマに悩める方の救世主」とも言えるアイケア商品です。
1日300本限定で販売されていて、売り切れてしまっていることもありますからご注意下さい。

 

⇒アイキララの詳細はトップページを確認!!!